トピックス

桜美林大学次期学長に畑山浩昭教授を選任

2018年01月09日
学園
お知らせ
学校法人桜美林学園理事会は、三谷高康学長の任期満了に伴う次期学長として畑山浩昭教授(55歳)を選任しました。

任期は2018年4月1日から2021年3月31日までの3年間です。

プロフィール

[現職]
 桜美林大学人文学系教授、副学長
 
[学歴]
・桜美林大学文学部卒(B.A.)
・ノースカロライナ大学シャーロット校大学院修士課程修了(M.A.)
・マサチューセッツ工科大学大学院修士課程修了(M.B.A.)
・ノースカロライナ大学グリーンズボロー校大学院博士課程修了(Ph.D.)
 
[主要役職歴]
2005年~2010年 学長補佐
2007年~2010年 基盤教育院長
2010年~2015年 学長特別補佐
2012年~現在  学園長補佐
2012年~現在  国際センター長
2015年~現在  副学長
 
[委員・会員等]
桜美林学園アメリカ財団理事(2011年~現在)、桜美林学園評議員(2012~現在)、国際教育振興会理事(2012~2015)、日本高等教育評価機構評価員(2014~現在)、世界大学総長協会委員(2017~現在)、日本コミュニケーション学会、National Communication Association(米国)、Conference On College Composition and Communication(米国)等会員
 
[専門]
・文学
・コミュニケーション学
・経営学
 
[著書・論文等]
・The Rhetoric of Japanese Written Public Discourse (単著、UMI、2001)
・自己表現の技法(共著、実教出版、2003)
・The Japanification of Children’s Popular Culture(共著、Scarecrow Press、2008)
・コミュニケーション能力の育成(共著、1992)
・Rhetorical Strategies of Foreign Executives in Revitalizing Japanese Global Enterprises(論文、MIT、2010)
・術語の理解と図表の利用を基本とするレトリックの授業(論文、日本コミュニケーション学会、2013)
・文学とコミュニケーション(論文、日本コミュニケーション学会、2007) など。

お問い合わせ先

学校法人桜美林学園 学園広報室
Tel: 042-797-9772