Interview with 100 Oberliners

変わるもの・
変わらないもの

中国北京の朝陽門外に崇貞学園が創設されて以来、100年。
貧しい子女にこそ教育をという創立者・清水安三先生の思いから始まった学園は、
のちに桜美林学園となり今日まで歴史を紡いできました。
100年かけて受け継がれてきた桜美林の変わらない精神とは何か。
そして変わっていく世界に桜美林はどう挑み続けるか。
この大きな節目に、100人のオベリンナーと一緒に考えてみましょう。

随時インタビューを増やしてまいります