創造する学生生徒を応援するAWARD

創立そして建学の理念を見つめ直し、一人ひとりが学園の担い手に

これからの100年を見据えて、各自の幸せや望む社会のかたちを、「形に残せるもの」として自由に表現した作品を、桜美林中学校・高等学校、大学に所属している学生生徒から募集します。

コンテストの趣旨

2020年9月エントリー〜一時審査
2021年2月二次審査、3月最終審査、5月授賞式

このコンテストは、本学卒業生の野島隆久氏(株式会社ピーシーデポコーポレーション代表取締役社長)による発案・支援により、学園創立100周年を記念し、これからの100年を見据えて、応募者の各自の幸せを「形に残せるもの」を条件に自由に表現した作品を募集するものです。

各界で活躍する本学の卒業生を中心とした審査員によって審査され、優秀作品には最大1年間の学納金相当額が授与されます。(コンテスト全体の支援総額:1,320万円)

審査員

(左から)菊千代さん、野島さん、小髙さん、畑山学長

各界で活躍する本学の卒業生5人が審査員を務めます。

  • 野島隆久(審査委員長/卒業生)
  • 小髙由加里((株)小湊ホテル三日月 代表取締役社長/卒業生)
  • 古今亭菊千代(落語家/卒業生)
  • 長洲崇彦(ソーダニッカ(株) 代表取締役社長/卒業生)
  • 畑山浩昭(桜美林大学学長/卒業生)

2020年11月10日(火)、審査員を務める本学卒業生が新宿キャンパスで顔合わせを行い、それぞれがコンテストに寄せる想いを共有し、どのように審査していくのか意見交換を行いました。後輩たちがどのように自身の幸せを表現してくれるのか期待を寄せていました。

新宿キャンパスで行われた意見交換会の様子

経過報告

2020年6月6日(土)、学生・生徒に向けてAWARDの説明会をオンラインにて実施し、325人もの学生・生徒が参加しました。説明会の動画公開や、Q&Aの作成、疑問解消のための相談会開催を行うなど、9月のエントリー開始に向けてフォローを実施しました。

9月18日(金)、一次審査を実施。審査通過者は2021年2月の二次審査に向けて作品制作に入り、3月に最終審査が行われます。