MISSION 第1次中期目標

CORNERSTONE 8: アカウンタビリティの確保

点検・評価の実施 コンプライアンス管理の徹底 改革・改善を図る体制の構築

学園の運営状況に関する点検・評価を定期的に実施するとともに、教育・研究活動等の情報を積極的に公開・提供することで、教育機関として自律的に進化していくための仕組みを整える。それによって、学園関係者と社会に対するアカウンタビリティも確保する。

1. 点検・評価の実施

第三者評価(大学にあっては認証評価)と自己点検・評価を必須の活動と位置づけて計画的・定期的に実施し、その結果を公表する。

2. コンプライアンス管理の徹底

学園の運営に関する法規制の遵守状況や、教育現場・職場におけるハラスメントの防止状況を点検し、必要に応じて内部監査の仕組みを導入することにより、コンプライアンスが確実に維持される仕組みを整える。

3. 改革・改善を図る体制の構築

第三者評価および自己点検・評価の結果を学校運営に反映させ、効果的な改革・改善に取り組む体制を確立する。また、内部監査組織の整備を含め、確実に改革・改善を進めるための仕組みを整える。